テニス観戦のマナーの紹介

最近では、あるテニス選手が外国の選手と互角、もしくは、それ以上の力で戦えるため、テレビで応援してり、観戦してる人も増えていますが、マナーを知らない人が多いので、マナーについてご紹介します。
まず、プレー中に声を出してはいけません。
サーブやラリーをしている選手は、物凄く集中をしており、ミスをしないよう相手を読んでプレーを組み立てている最中に声を出してしまうと、精神の乱れになりますので、絶対にしてはいけません。
カメラのシャッターの光や音も同様な理由です。
写真をとることは禁止ではないので、音を消して、フラッシュがしないよう設定するのと同時に、携帯電話もマナーモードにする必要があります。
プレー中に立ち歩くのもマナー違反です。
選手の目に入る可能性があるので、席の移動をする際は、コートチェンジの時に行います。
応援してる選手がミスをした際に、ため息が思わず出ることがありますが、選手に影響するので、ぐっとこらえて応援します。
選手を称えることはとても良く、良いプレーをした際には、拍手することで、素晴らしい試合にもなります。
このようなマナーを知ることで、素晴らしい試合をより楽しむことができます。

テニス観戦でみだりに騒ぐのはマナー違反です

近年、テニスの日本選手が世界の檜舞台で大活躍するのを見て、大ブームが起こりました。
テニスをじかに見る機会の少なかった人達の観戦熱が急に高まり、会場にも大勢の観客が集まるようになりましたが、マナーの悪さに関係者は頭を痛めています。
選手が気持ち良く精一杯の力を出し切って戦うために、見る人も最小限のマナーを守って応援することです。
観戦マナーとしては、「ラリー中は静かにする、ポイントが決まったら拍手を送る」「プレー中はみだりに立ち歩かない、観客席での撮影は禁止です」「観戦中の、ため息はNGです」選手は試合中は、観客の動きや話し声などささやかな物音に敏感に反応して集中できないことがあります。
欧米では選手がミスをすると、オーと云いますが、日本では、アーとため息を洩らします。
歴史の深みの違いだけでは済まされないものがあります。
もっと気軽にカジュアルに楽しむことです。
ある有名日本人プレーヤーは、最近日本でもブームになり喜ばしいことですが、沢山の観客が来る割にはテニスを見るレベルが上がってこないと嘆いていたことがあります。

recommend

2017/10/20 更新